ショール #S015

item015-01_1000x1505
item015-02_1000x1505
item015-03_1000x1505
item015-04_1000x1505
item015-06_1000x1505
item015-05_1000x1505
previous arrow
next arrow
item015-01_1000x1505
item015-02_1000x1505
item015-03_1000x1505
item015-04_1000x1505
item015-06_1000x1505
item015-05_1000x1505
previous arrow
next arrow
 

全天蚕ショール1枚目。

経糸も緯糸も天蚕糸で織ったものを「全天蚕」といいます。天蚕センターには全天蚕の着物が展示されているのですが、最初見たときは、自分には手の届かないもの、いつか織るとしても10年くらい先だろうと思っていました。

でも、やっぱり織ってみたいという思いが募り、無謀にも挑戦することにしました。

茶箱に大切に保管されている天蚕生糸にはいろいろな太さがあり、着物や帯のために撚糸された糸ばかりです。どの糸でどういう織り方で織るのか、一つ一つ手探りで進んでいくしかありません。

なにせ1g1000円の糸。失敗したらどうしよう。。。小心者ですから、かなりのプレッシャーでした。

最初にカセになった糸を糸枠に巻いていくのですが、糸端が見つからない、見つかったと思ったら途中で切れている、もつれている等々で、一カセ糸枠に巻くだけで2~3時間かかってしまいました。まさに悪戦苦闘。それだけに完成した時の喜びはひとしおでした。

 
PAGE TOP