ショール #S010

item010-01_1000x1505
item010-02_1000x1505
item010-03_1000x1505
item010-04_1000x1505
item010-05_1000x1505
item010-06_1000x1505
item010-07_1000x1505
previous arrow
next arrow
item010-01_1000x1505
item010-02_1000x1505
item010-03_1000x1505
item010-04_1000x1505
item010-05_1000x1505
item010-06_1000x1505
item010-07_1000x1505
previous arrow
next arrow
 

この作品は、緯糸(よこいと)がすべて天蚕紬糸です。天蚕紬糸が映えるようにざっくりとしたレース織で織りました。経糸(たていと)はグレーの家蚕糸。糸に太いところと細いところがあるスラブ糸のような変化のある糸で、天蚕紬糸となかなか良いバランスです。

この作品で使った天蚕紬糸は薄い黄色でしたが、緯糸全部に入れることで、自然な色の変化(黄色の濃淡)がよくわかり、最初に見たときは感動しました。

天蚕の紬糸はすべて手紡ぎです。何人も紡ぎ手さんがいるので、太いのや細いのがあって、色もまちまち。切れやすく経糸にするのは無理です。これまで一般的には、天蚕の紬糸は緯糸として着尺や帯の模様として使われてきたのだと思います。

 
PAGE TOP